NEWS&More

 

 

INC PERCUSSION DAYS 2017


inc. percussion days 2017 at くにたち市民芸術小ホール

inc. – アーティストインキュベーションプログラムは、今年2年目に入りました。くにたち市民芸術小ホールでのパーカッションデイズ2017を3月31日から4月2日の3日間開催いたします。アーティスティック・ディレクター加藤訓子が提案する今年のテーマは、「シアターピースへの挑戦」。総勢30名の若手パーカッショニストがこの期間くにたちに集い、若手プロの育成と演奏機会の充実を課題に意欲的なイベントを数多く実施して行きます。

Day 1  (03/31) オープニング&ガラパフォーマンス

Day 2 (04/01) リサイタルデイ

Day 3 (04/02) エントランスリサイタル&加藤訓子ソロ公演

http://www.kuniko-kato.net/ja/inc/

 

 

 

「加藤訓子打楽器演奏会」


「加藤訓子打楽器演奏会」

パーカッションデイズ2017の演目として、2006年に演出家・宮城 聰(静岡県舞台芸術センター芸術総監督)が演出した劇場での演奏会「加藤訓子打楽器演奏会」を再演する。クセナキス、シュワントナー、ジェームス・ウッド、アルバレス、グロボカール等、様々な現代作品を演奏し、最後には、演奏家の身体のみがステージの残るというあらすじ。

Sun, 04/02/2017  18h00 くにたち市民劇場小ホール・1階ホール

inc. QR jpg

 

 

NEW ALBUM - BACH


加藤訓子第4弾は、「バッハ」。

加藤訓子とリンレコーズ(英・スコットランド)による第4作目にあたるニューアルバムが、間もなくグローバルリリースされます。ライヒ、ペルト、クセナキスの次は、何かと世界中が注目する中、加藤訓子が、チョイスした題材は、ソロマリンバでの「バッハ」。BACH – solo works for marimbaは、エストニアのタルトゥにある12世紀建造の中世教会、ヤンニキリークにて約1ヶ月を掛けて録音。全曲を独ノイマン社のソリューションD(デジタルマイクシステム)にて収録。深い音楽的洞察と微細なマレットのタッチにまで拘った加藤訓子の自信作です。ヴァイオリンソナタとチェロ組曲のマリンババージョンをを収めたBACH (Linn CKD586)は、2枚組CDにて今春世界発売の予定です。

http://www.linnrecords.com/

 

 

 

THE KEY - 2017 TOUR


「鍵」2017ツアー

加藤訓子が、音楽監督兼演奏を務める「鍵」2017ツアーが間もなく始まります。2016年に世界初演し、欧州で20公演以上した作品は、今年ベルギーとフランスで7公演します。

4/22 CC Hasselt (BE)

4/27 Le Manège Maubeuge (FR)

5/03-05 La Rose des Vents Villeneuve d’Ascq (FR)

5/10-11 Théâtre d’Orléans (FR)

http://www.lod.be/en/productions/de-sleutel/

 

 

 

 

ARMENIAN SONGS


Armenian Songs  – Movses Pogossian (vn), Tony Arnold (sop) and Kuniko は、アルメニア人コンポーザー作品を意欲的に世界初演している。この新しいコンサートも新曲の委嘱と同時に2013年に世界初演した’Seven Armenian Seas’ by a world renown composer, Gabriela Lena Frankの作品の再演を含む。米国ナッシュビル、ロサンゼルス、神奈川県民ホール(横浜)での3カ所での公演を予定。

1/10/2017 Blair School of Music, Nashville Tennessee U.S.A.

1/15/2017 Zipper Hall, Los Angeles California U.S.A.

1/19/2017 Kanagawa Kenmin Hall, Yokohama Japan

 

Movses Pogossian (vn) | Tony Arnold (sop)

PROJECT IX - PLEIADES


PROJECT IX – PLEIADES – 2016 version は、10月29日・30日の2公演を彩の国さいたま芸術劇場で公演します。チケットの一般発売は、7月1日〜。

‘These are meticulous and muscular performances, at once elemental and elegant. Brilliant.’  The Sunday Times

‘Kuniko passes this rite triumphantly.’  Gramophone

http://www.saf.or.jp/arthall/

Sign up for Kuniko’s latest recording, concert, tour, projects and more!

SIGN UP