BIOGRAPHY

加藤訓子 | PERCUSSIONIST

 

桐朋学園大学研究科終了とともに渡欧。ロッテルダム音楽院を首席で卒業。

世界のマリンバレジェンド安倍圭子に師事。日本を代表するパーカッショニストとして内外で活躍。ソロ以外でもアンサンブル・ノマド、サイトウキネンオーケストラ、アンサンブル・イクトゥス(ベルギー)など国内外のグループへ参加。

ダルムシュタッド国際現代音楽祭クラニヒシュタイン賞等、受賞歴多数。2011年 スティーブ・ライヒのカウンターポイント代表作を世界で初めて打楽器へ編曲したソロアルバム「kuniko plays reich」を英リンレコードより世界同時発売。同年のベストアルバムに選出される。アルバムのライブ版公演によりサントリー芸術財団より第十二回佐治敬三賞を受賞する。

2013年英リンレコーズからの第二作目としてグローバルリリースしたアルバム「CANTUS」は、エストニアの作曲家アルボ・ペルトの代表作4曲をフィーチャーし、英国オフィシャルクラシックチャートでトップ10入りを果たす等、英グラモフォン誌をはじめ、タイムズ紙等世界の有力紙より高い評価を受ける。同年第26回ミュージックペンクラブジャパン音楽賞より最優秀録音賞を受賞。

2015年4月20世紀の偉大な作曲家クセナキスの大作「プレイアデス」とソロ打楽器作品「ルボン」をフィーチャーしたニューアルバム「IX」を世界同時発売する。

英国スコットランドの高音質で知られる世界的レーベル「LINN」からCDを出す唯一の日本人アーティスト。パール楽器・アダムス社(蘭)インターナショナルアーティスト。

米国在住。

http://www.linnrecords.com/artist-kuniko.aspx

© Michiyuki Ohba